住まいのお手入れコーナー
 浴槽
 浴槽の汚れは長くほおって置くほど、湯アカがたまって落ちにくくなります。
 たわしやクレンザーは、傷がつきやすいので使用しないでください。

  ホーロー浴槽
 落としにくい汚れは中性洗剤を使います。もしキズをつけてしまったら、ホーロー補修剤を塗ります。
 ほんの小さなキズならマニキュア用エナメルでも良いでしょう。
 浴槽のそこに鉄粉が付着し、赤茶色の斑点が出ることがあります。
その場合は布に歯磨き粉をつけて落としてくだい。

  ポリ浴槽
 ポリ浴槽の場合、入浴剤を入れたお湯をいつまでも残しておくと、汚れがつきやすく、シミになるので、早めにお湯を流しましょう。
 傷がついてしまったら、エポキシ系接着剤を塗りこみ補修します。

  ステンレス浴槽
 ホーローや、ポリ浴槽に比べれば汚れや黒ずみも落ちやすく、普段の手入れは楽ですが、ステンレス特有の水跡はよく拭いておかないと、だんだん光沢がなくなっていきます。

 床 壁 天井
 入浴後できるだか早く温度と、湿気をさげることがカビの発生を押えます。
最後に出たら少しだけでも窓を開け、換気扇を回しましょう。
 日中もドアと窓を開け、風が通るようにし換気に気を配りましょう。
 また、ヘアピンやカミソリを置きっぱなしにすると、錆びが移ってしまいます。


  床
 石鹸かすや浴室特有の微生物の発生が、床をヌルつかせます。週に一度くらい、やわらかいブラシやスポンジでさっとこすり水を流します。
 タイル目地の汚れは、やわらかいブラシやスポンジに殺菌、漂白作用のあるクレンザーをつけて洗ってください。  

  壁 天井
 吸湿性のない材料を使っていまが、換気を良くしないと水滴がたまり、汚れやカビの原因になりましす。
 水滴のしみがついてしまったら中性洗剤の薄め液で拭きその後、水拭きしてください。

  タイルのはがれ
 はがれたタイルが使える場合は、裏のモルタルを落とし、よく乾かした後コンクリートボンドで張ります。目地は白セメントを使い埋めます。

  シーリングの劣化
 きれいに取り除き、よく乾かし、シリコン系シーリング(防カビ材入り)を塗ります。