基本構造

基礎工事

ベタ基礎を採用 1 一枚岩のようにすることで建物の重さを全面で受ける。また、不同沈下に対応できる。
  2 シロアリに対して効果がある。
  3 床下の湿気を抑えることが出来る。

      ベタ基礎          布基礎

 

木工事

木材の特徴 1 吸湿機能がある
  2 桧は伐採後一定期間強度が増す。
  3 軽くて強い

軸組工法の特徴 1 自由に間取りが計画できる。
  2 本物の和室が出来る
  3 増改築が簡単
  4 接着剤やベニヤに頼っていない
  5 地震にも強くなっている

土台、柱は桧の 1 伐採後一定期間強度が増す。
4寸角を使用 2 強度がある
  3 湿気やシロアリに強い
  4 木肌が美しい

 

高気密高断熱工法

高気密高断熱とは 1 隙間なく厚い断熱材で建物を覆う
  2 温度差による結露や湿気が無くなる
高気密高断熱により 1 家全体の温度差がなくなり、健康的に暮らせる
  2 結露が無くなることによりカビの発生を抑える
  3 温度差が無くなるため、大きな空間が出来る。
  4 家全体が保温されているため廊下を造らなくてよい